カルロス・サインツ、オーストリアに続いて幸せな男

フェラーリのドライバーは再びトップ5に入り、チームメイトのシャルル・ルクレールを上回るパフォーマンスを続けている。

公開 04/07/2021 à 20:37

クエンティン・デュボワ

0 コメントを見る)

カルロス・サインツ、オーストリアに続いて幸せな男

サインツは再びチームメイトよりも先にレースを終えた。 / ©写真DPPI

堅実なレースの作者、 カルロス·サインツ オーストリアGPを5位で終えた。 いくつかのレースに関して、彼はチームメイトよりも先を行っている チャールズレクレック。 スペイン人ドライバーはレース序盤から風変わりな戦略を使い、レース終盤には新品のミディアムタイヤを利用して数人のライバルを追い抜いた。 こうして彼は義務を果たしたという気持ちを持ってオーストリアを去った。

「レースごとに我々が取り組んできた仕事に満足してオーストリアを離れる」とサインツ氏は言う。 今日、私たちは優れた戦略を採用しましたが、同時に優れたタイヤマネジメントも採用しました。 私たちはハードからスタートし、リレーをできるだけ長く延ばすことが目的でした。 ミディアムを履いたら最後までいけました! 」。

彼のチームメイトは二度クラッシュしたが、 セルジオペレス, カルロス・サインツはトップ5に食い込むことができた。特にコミッショナーが責任をとったペレスの10秒ペナルティのおかげで、結果に伴う勝ち点10をもぎ取った。

「超えることができた 角田 素早く。 ルクレール選手のおかげで合格できました リッチョルド しかし、ペレスからも10秒以内の差で5位に浮上した。 ここでXNUMX回良いレースができたが、目指すところからはまだ遠い。 野心とモチベーションは最高に達しており、私たちは次のレースでさらに良い結果を出せるように努力し続けます。」

カルロス・サインツは風を受けてチームメイトとXNUMX点差に戻った。 理解は完璧です フェラーリしかし、サインツがモナコのチームメイトに対して決定的に優位に立つかどうかはまだ監視の余地がある。

0 コメントを見る)

こちらもお読みください

注釈

※ログインユーザー専用のスペースです。 お願いします Vous Connector 返信したりコメントを投稿したりできるようになります。

0 コメント

レビューを書く