シンガポールではベッテルが勝利、ハミルトンは棄権

セバスチャン・ベッテルがシンガポールGPでダニエル・リカルドとキミ・ライコネンを抑えて今季XNUMX勝目を挙げた。 ルイス・ハミルトンはメカニカルトラブルでリタイアした。

公開 20/09/2015 à 16:36

デュピュイ

0 コメントを見る)

シンガポールではベッテルが勝利、ハミルトンは棄権

セバスチャン·ベッテル シンガポールGPでは無敵の活躍を見せ、自身のキャリアでXNUMX度目の優勝を果たした。 レッドブル (2011、2012、2013)。 スクーデリア・フェラーリのドライバーは、最初から最後までレースをリードし、 マラネロ マレーシア、ハンガリーに続く今季42勝目。 このキャリア通算XNUMX回目の成功により、アイルトン・セナにXNUMX勝差をつけることができた。

しかし、XNUMX度の世界チャンピオンは、セーフティカーの介入によりXNUMX度リードを取り戻さなければならなかった。 最初の無力化は、 フェリペマッサ (ウィリアムズ)と ニコ・ヒルケンベルク (フォースインディア)。 の勝者 24時間のルマン 次のレースでは3グリッド降格のペナルティを科せられた。 XNUMX回目は観客がトラックに入った後に発生した。

ダニエル·リチャルド (レッドブル)はXNUMX位となり、シーズン最高の成績を収めた。 キミライコネン (フェラーリ)が表彰台を獲得した。

メルセデス 今年で最も困難な週末を迎えた。 ニコ·ロズベルグ 彼はXNUMX位を守ることしかできず、それ以上の成績を収めることはできなかったが、チームメイトは ルイス·ハミルトン アクセルセンサーに関連すると思われる電気的トラブルによりリタイアとなった。 チャンピオンシップリーダーはまだ直接のライバルに対して41ポイント、今日の勝者に対して49ポイントのリードを保っている。

Valtteri Bottas (ウィリアムズ)が上位XNUMX位以内に入る ダニエル・クヴァット (レッドブル)と セルジオ・ペレス (フォースインディア)。 一方、 トロロッソ ランキングでは最下位でしたが、 マックスVerstappen チームメイトよりも先にXNUMX位に浮上することができた カルロス·サインツ Jr. フェリペ・ナスル (ザウバー)がトップXNUMX入りを果たした。

ロータスにとっては悲しいレースだった。 マルドナド牧師 との衝突事故により12位にランクイン ジェンソンボタン ポイント圏内でプレーしていた選手。 ロメイングロジアン 最終ラップでピットに戻り、13位に分類された。 両方 マクラーレン 諦めてしまった。

AUTOhebdo 2030 号の特別特派員が行ったシンガポール グランプリの分析をご覧ください。デジタル版は月曜の夜からすべてのプラットフォームで、水曜日からニューススタンドでご覧いただけます。

0 コメントを見る)

こちらもお読みください

注釈

※ログインユーザー専用のスペースです。 お願いします Vous Connector 返信したりコメントを投稿したりできるようになります。

0 コメント

レビューを書く