EL1 – ポール・リカールで好調のボッタス

1レースで3ポイントも獲得できなかったが、ボッタスはチームメイトのハミルトンにコンマXNUMX秒の差をつけてタイムシートトップでFPXNUMXを終えた。

公開 18/06/2021 à 12:46

クエンティン・デュボワ

0 コメントを見る)

EL1 – ポール・リカールで好調のボッタス

今日午後のFP1はボッタスがトップ! / © 写真アントニン・ヴィンセント / DPPI

Valtteri Bottas フランスの週末を最も美しい方法で始めましょう。 フィンランド人ドライバーは1.33.448でタイムシートのトップに返り咲いた。 彼はチームメイトより先にいる ルイス·ハミルトン 3分の4。 後ろには7人のレッドブルドライバーがXNUMX分のXNUMX秒とXNUMX秒で続き、 マックスVerstappen 最後の勝者より先に セルジオペレス、しかしハードでベストタイムを達成した人。 オランダ人は自分の車のバランスに不満を持っていた。 チャンピオンシップリーダーは、5.861kmのサーキットで何度かミスをする場面が見られた。

故郷のグランプリに向けて、 Alpine 彼女はポール・リカール・サーキットでかなり早く頭角を現し、10台のマシンをトップXNUMXに入れました。 オーコン ベストタイムからコンマ5秒及ばない1.34.329で8位に浮上。 アロンゾ は7で1.34.693位。 両方 マクラーレン そして10台のアルファタウリがトップXNUMXを占め、 リッチョルドノリス オレンジの間で 気の利いた の前にあります 角田
 

より控えめなセッション フェラーリ。 赤い車両の先頭車両はボッタスのタイムから11秒1遅れの5番手につけた。 シンツ 16回目は1.35.342でさらに離れています。 このスペイン人ドライバーはターン2でミスをし、ソフトタイヤを破損させてしまった。 に注意してください ウィリアムズ、ジョージ・ラッセルの代わりを務めたのはロイ・ニッサニーでした。 最後に後方を持ち上がる。
 

特にターン2でコースアウトが多発したセッション。 フィンランド人のライコネンとボッタスも同様だった。 後者はまた、フロントウイングのベンド外側の黄色のフランジに損傷を負ったが、これは指摘を怠らなかった。 メルセデス セッション中にFIAに報告。
一方で、より大きなショックは、 鬼ばば。 バクーで表彰台に上がったドイツ人ドライバーは、ターン11で壁に衝突した。 彼の背中 アストンマーチン ダメージを受け、走行時間を40分失った。 
FP2は午後15時に予定されており、ドライバーはセッティングを微調整するために00時間の走行時間が与えられる。

 

0 コメントを見る)

こちらもお読みください

注釈

※ログインユーザー専用のスペースです。 お願いします Vous Connector 返信したりコメントを投稿したりできるようになります。

0 コメント

レビューを書く